トレーナー紹介

このページでは、現在EKOの活動に携わって頂いている先生方をご紹介します。

中西利通先生(弦楽器)

コントラバスを江口朝彦氏に師事。
1971年に桐朋学園音楽大学を主席で卒業後、東京都交響楽団に入団。ベルリン国立音楽大学に留学し、ベルリンフィル元首席奏者ライナー・ツェペリッツ氏に師事。ベルリン音楽祭等に出演し、1975年に同大学を首席で卒業。
以後都響のメンバーとして数多くの海外演奏に参加、今日に至る。

常光誠治先生(木管楽器)

1937年、広島県生まれ。
1959年、桐朋学園大学器楽科卒。大阪フィルハーモニー交響楽団首席奏者 入団。
1969年、日本フィルハーモニー交響楽団入団。
1972年、新日本フィルハーモニー交響楽団入団。

現在、横浜創英短期大学女子高等学校吹奏楽部指揮者。上智大学管弦楽団管楽器トレーナー。慶應義塾高等学校ワグネル・ソサイエティ・オーケストラ管楽器トレーナー。サイトウ・キネン・オーケストラ団員。

小田桐寛之先生(金管楽器)

1957年、札幌市生まれ。トロンボーンを真弓基教、野武重忠、秋山鴻市各氏に師事。
洗足学園卒業後、東京ブラスアンサンブルを経て、1986年東京都交響楽団に首席トロンボーン奏者として入団。1982年東京トロンボーン四重奏団を結成。現在までに13回の演奏会、その他に全国各地または海外において特別演奏会を行なう。
1988年にはインターナショナルトロンボーンコンペティションにて招待演奏を行なう。
現在までに2枚のCDをリリース。1989年より洗足学園大学、1990年より昭和音楽大学の講師として後進の指導にもあたっている。

森茂先生(打楽器)

元(財)日本フィルハーモニー交響楽団首席ティンパニ奏者。 1974年国立音楽大学打楽器科を首席で卒業。武岡鶴代賞を受賞。1974年日本フィルハーモニー交響楽団のオーディションに合格し、同年9月入団。1987年打楽器首席奏者の故渡邊暁雄氏より打楽器トップ奏者に任命される。1991年打楽器首席奏者に任命され、ティンパニ奏者となる。2005年洗足学園音楽大学の教授に就任。 現在、洗足学園音楽大学客員教授、日本打楽器協会副理事長。

過去に活動に携わって頂いた先生、ソリストの方々

川村文雄さん(ピアノ)

深山智哉先生(木管楽器トレーナー)

菅沼ゆづきさん(ヴァイオリン)

村井祐児さん(クラリネット)

川村奈菜さん(ヴァイオリン)

江口玲さん(ピアノ)

野村幸代さん(ピアノ)

青柳晋さん(ピアノ)

辻本玲さん(チェロ)

三宅麻美さん(ピアノ)